審査結果発表!

会津美里町フォトコンテストへ大変多くのご応募をいただき、ありがとうございました。厳正な審査の結果、「グランプリ」「準グランプリ」「こでらんに!賞」に加えて、特別賞として「んめぇ!で賞」の6点が決定しました。歴史あるまち並み、美しい暮らしの風景を写し出した会津美里町らしい作品をここに発表いたします。

グランプリ

@sasasasa333333 さん

会津美里町。伊佐須美神社。猫。

審査員コメント

  • 棲んでいる猫と宮司さんが会話しているようです。天気の良い秋の日に会津美里町の気持ちの良い場所のことを話しているのでしょうか。ほっこりと良い気分になれる作品です。(審査員:会津美里町商工観光課)
  • 伊佐須美神社に流れる静かな時間のなかに、猫と宮司さんとの物語を感じました。神社建築や歴史にとどまらず、今そこにいる人、生き物の風景が会津美里の魅力ですね。(審査員:tarakusa株式会社代表取締役 「会津美里の日々」編集 柿原優紀)

準グランプリ

@takoboowchan さん

岩の祠にはお地蔵様が並んでおります。此処潜れます。

審査員コメント

  • お供えものがあり、地元愛を感じました。左下りのお堂の傍に行くと、本当に見られます。(審査員:会津美里町商工観光課)
  • “こんなところがあるの?行ってみたい!”と好奇心を刺激されました。よく見ると、お地蔵様の足もとには秋の野菜の代名詞・白菜がお供えされています。この場所が地域の人にとって大切な場所であることも写真から伝わってきました。(審査員:フリーライター・編集者 「会津美里の日々」ゲスト講師 小西七重)

こでらんに!賞

@kiyoko5240 さん

『稲刈り日和』会津美里町荻窪じいちゃん。82歳まだまだ頑張るコンバイン作業。実りの秋です。

審査員コメント

  • “the 会津美里町の秋”なカットもさることながら、愛らしいテキストとコミカルなコメント欄でのやりとりを覗いているだけでホクホクさせてもらえた一枚です。(審査員:tarakusa株式会社代表取締役 「会津美里の日々」編集 柿原優紀)
  • 会津美里町に住む人の生き生きとした姿を感じられました。82歳! 現役! 素敵です。テキストのじいちゃん自慢も微笑ましかった。都市部では見られない光景ですね。(審査員:フリーライター・編集者 「会津美里の日々」ゲスト講師 小西七重)

こでらんに!賞

@sdgs2016_2030 さん

会津美里町新鶴のぶどう畑にて。来年の春にオープンするワイナリーで初仕込み用のぶどう収穫のお手伝い。2018年9月撮影

審査員コメント

  • 秋のぶどうの風景、良いです。ワイナリーでこのぶどうを使ったワインが生まれるとなるとワクワクします。ぶどうの紅葉も綺麗ですね。(審査員:会津美里町商工観光課)
  • たわわに実ったぶどうが美味しそう。そしてテキストを読むと、来年の春にワイナリーがオープンするという新情報が。収穫からオープンまでのぶどう畑とワインが出来るまでの様子も追いかけて見てみたいなと思いました。(審査員:フリーライター・編集者 「会津美里の日々」ゲスト講師 小西七重)

力作多数につき、特別賞を追加しました!

んめぇ!で賞

@satokenet310 さん

会津三十三観音 第27番礼所 『大岩観音』 아이즈 삼십 삼 관음 제 27 번째 "오이와 관음" やっと更新‼ クマが怖くて行けてませんでした。大岩の下にあるので大岩観音だそうです。パワースポット的な空間でした。入り口は道が草で覆われていました。겨우 업데이트 할 수있었습니다. 곰이있는 것 같습니다.파워 스팟을 느끼는군요

審査員コメント

  • 「あ、行ってみたいな」と思ってしまうユニークな姿を美しく切り取った1枚。他言語での説明も添えられ、多くの人へ会津美里の魅力が届く発信だと思います。(審査員:tarakusa株式会社代表取締役 「会津美里の日々」編集 柿原優紀)
  • クマがいるところを抜けてやっと行けた感じが良い……! 写真もダントツで綺麗です。いつも投稿にハングル語が入っているので、アジア圏の人にも見てもらえそうですね。(審査員:フリーライター・編集者 「会津美里の日々」ゲスト講師 小西七重)

んめぇ!で賞

@misato.iju さん

高田地区御田神社で豊年踊り、本郷地区で山車の出る秋季祭礼があります! 観光向けに特化されていない。地元の人の営みのなかのお祭りは、手づくりの温かさと古くからの地域性を体感する楽しみがあります。遊びに来てみませんか?

審査員コメント

  • 豊年祭りにおける地域の皆さんの熱量がぎゅっと詰まった一枚。地域内外から多くの人が参加して、このお祭りが長く愛されていることを感じます。(審査員:tarakusa株式会社代表取締役 「会津美里の日々」編集 柿原優紀)
  • 実りの田、秋祭り、地元の方々と子どもたち……。このハレの日に一緒に参加しているような楽しい気持ちになりました。撮影された方の視点も一緒に練り歩いているアングルなので、思わずついて行ってしまいそうです。(審査員:フリーライター・編集者 「会津美里の日々」ゲスト講師 小西七重)

たくさんのご応募ありがとうございました!

審査員

  • 会津美里町商工観光課
  • 柿原 優紀tarakusa株式会社代表取締役
    1982年生まれ。英 国Glasgow芸術大学留学を経て、京都精華大学芸術学部卒業。いくつかの出版社にて雑誌の編集に携わった後、フリーランスに。国内外の取材活動に取り組む。2009年に編集事務所を設立。Webサイト「会津美里の日々」の企画編集を担当。
  • 小西 七重フリーライター・編集者
    1980年生まれ。2004年、成安造形大学映像クラス卒業。2006年岐阜県立情報科学芸術大学院大学(IAMAS)修士課程修了。編集プロダクションを経て現在フリーの編集者・ライター。著書に『箱覧会』(スモール出版)、共著に『市めくり』のほか『あたらしい食のシゴト』(京阪神エルマガジン社)がある。「会津美里まちの編集室」にて撮影やライティング、コピーメイキングのレクチャーを担当。

開催概要

詳しくは こちら をご覧ください。

お問い合わせ先

会津美里町役場 商工観光課 観光係
〒969-6195 福島県大沼郡会津美里町字北川原41番地
Tel 0242-56-4914
Mail shokan@town.aizumisato.fukushima.jp