※新型コロナウィルスの感染防止にかかるシンポジウムの開催中止に関して※

会津美里町役場では、日々高まる新型コロナウィルス感染症リスクに鑑み、参加者及び関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、3月17日に予定していた本イベントを中止することにいたしました。楽しみにしてくださっていた皆様には申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

会津美里町役場本郷庁舎2階ふれあいホールにて、2020年3月17日(火)18:30からシンポジウムを開催します。どなたでも無料でご参加いただけます。

「まちやど」って?

「まちやど」は、宿(宿泊施設)を指すわけではありません。「まち」をひとつの宿と見立て、宿泊施設と地域の日常をネットワークさせ、まちぐるみで訪れる人々をもてなすことで地域の価値を高め、地域内経済の循環を目指す事業です。情報化とともに、観光の在り方も多様化する時代の中で、いま求められる観光は、「地域の何気ない日常の豊かさ」を味わう本物の体験です。 会津美里町に「すでにある資源」や「ひと」をつなぎ合わせ、そこにある日常を最大のコンテンツとし、訪 れる人に会津美里町ならではの滞在体験をしてもらうことで、まちの中にも新たな活躍の場や事業の機会を生み出します。 日常と観光を両立させる「まちやどプロジェクト」の主役は、ほかでもない、まちの皆さんです!

プログラム

①令和元年度のまちづくり活動報告
グリーンクラフトツーリズム先進地視察レポート
【視察レポートはこちら】
「地域の総合力で魅せる波佐見焼」視察レポート
「地域資源を編集し、企画力で勝負する吉田焼」視察レポート

②「ほのぼの旅する会津美里」映像お披露目
訪れる人が惹きつけられる「音」「色」「味」そして「時間」
『会津美里の日々』の編集室チームでもある編集メンバーと人気旅雑誌での撮影でも活躍する写真家・安彦幸枝さんがチームとなり、会津美里の映像を制作。完成したばかりの映像をお披露目します。上映後は、2泊3日の撮影旅で改めて見つけた会津美里の魅力や撮影秘話もお話します。
【撮影レポートはこちら】
「ほのぼの旅する会津美里」撮影レポート “会津美里の味”編
「ほのぼの旅する会津美里」撮影レポート “会津美里の色”編
「ほのぼの旅する会津美里」撮影レポート “会津美里の音”編

③大島芳彦氏 レクチャー「人とまちが主役!まちやどのススメ」
④まちのプレーヤー × ゲストスピーカー トークセッション・当事者がつくるまちの未来 ーわたしたちが目指すことー

ゲストスピーカー

建築家・日本まちやど協会
ブルースタジオ 専務取締役
大島 芳彦

建築家・ディレクター
ワークヴィジョンズ 代表
西村 浩

編集者・エディター
たらくさ 代表
柿原 優紀

▶︎「まちやど」と「グリーンクラフトツーリズム」シンポジウム
日程:2020年3月17日(火)
場所:会津美里町役場本郷庁舎2階 ふれあいホール
時間:開場18:00 / 開演18:30〜20:30(予定)
参加費:無料(※参加の事前申し込みは不要です)

【問い合わせ】
会津美里町役場 政策財政課
電話:0242-55-1171

サムネイル写真:安彦幸枝